So-net無料ブログ作成

カラフル!!というLGBTの、すごく良いマンガがあるんです [社会情勢]

すんません。ちゃんと生きてます。

180925LGBT.jpg

 しんぶん赤旗日曜版で、今年から「カラフル!! 知っておきたいLGBT」という作品が連載されている。
 連載当初はFtoM(肉体は女性で性自認は男性)が主人公で、現在はゲイの男性が主人公。最新号では、主人公がとうとう恋人を作るところまで進んでいる。
 恋人は写真家だが、学生時代にアウティング(本人が望まずゲイであることを他人に暴露されること)された過去があり、死に場所を求めて海外に行ったことが明かされている。

 2年ばかり前、ウチの近くの一橋大学で大学院生がアウティングされ、自死した事件を思い出す。

 遠藤まめたさんの的確な監修で、内容に不安がなく、青木朋さんの柔らかな絵が、この作品をいっそう親しみやすいものにしている。そして実は連載作の端にある読者投稿に、はっとさせられるものがある。

 その遠藤まめたさんが、先日朝日新聞にコラムを載せていた。

(学びを語る)多様な性への理解 高学年ごろから学校で伝えて 遠藤まめたさん

・・特別に時間を作って専門的な話をする必要はありません。性についての感覚は人によって様々だということを、普段から伝えればいい。・・
・・性の話題に限らず、ちゃかす、いじる、差別的に扱うといった先生の態度は、当事者にもそうでない子にも悪い影響を与えます。・・


 性教育の重要性というものは、何も今始まったことではなく、山本宣治ら戦前からその潮流が存在している。私自身も産婦人科スタッフと協力して、もう10年以上も前から就学時前~高校生くらいまでを対象にした性教育を実践(私の場合はそのお手伝い)しているが、5年以上前からその場にLGBTと性被害者への配慮を加えるようにした。

そんなに多いの?

 昨今話題のLGBTは~性自認がない人もいるので、LGBTqとする場合もある~実は非常に多い。私は昨年東京都主宰のLGBTの講演会に参加した。そこで知った。LGBTは佐藤・鈴木・高橋・田中・渡辺・伊藤を合わせたよりも多い(電通ダイバーシティ・ラボ調査)、というのだ。あなたは佐藤さんに会ったことがないだろうか。鈴木さんは?高橋さんは?

 つまり、そういうことだ。

 身近に知っている人がいない、と言う人は、単にカミングアウトされていないということなのだ。
 と言う私も、カミングアウトしているLGBTの知り合いはいないんだが。

 カラフル!!、単行本化されないかな。それ自身が非常に良い教材となるんだが。新聞連載だけで終わるのはもったいない。

一部界隈で騒がれていること~「安倍案件」関連で
 杉田水脈という安倍案件が、LGBTには「生産性」がないなどと放言した件で、新潮45が開き直りの特集「そんなにおかしいか「杉田水脈」論文」を組んでいる。すでに新潮社内部でも批判が広がっているこの特集だが、そこに小川榮太郎という安倍案件が、更にひどい暴言を書き連ねている。
 9/25の羽鳥慎一モーニングショーで、コメンテータの玉川氏が、杉田、小川の件を「あれは論文とはいえない」。そしてジャーナリストの青木氏は、杉田氏は安倍さんのお気に入りだから比例ブロックで1位になった、小川氏は安倍首相のヨイショ本を書いてのし上がってきた人だと、地上波では珍しくしっかりした発言をした。

 リテラがこの件を良く追っている。

「新潮45」でLGBT攻撃して痴漢を擁護した小川榮太郎と、安倍首相の一体化した濃密すぎる関係

 この小川氏は上記リテラの記事にあるとおり、森友・加計疑獄問題を朝日新聞の「戦後最大級の報道犯罪」とねつ造扱いし、あまりのひどさに当新聞社から名誉棄損訴訟までされている人物である。
 この本は去年の衆院選挙前に突如発刊され、電車の中吊り広告で大々的に宣伝されていた。書店にも平積みされていた。これが選挙前の印象操作に使われたことは明白だろう。
 ご主人の安倍に尻尾を振るあまり、社会からどのくらい外れてしまったのかもわからない、そんな悲しい幇間を、この杉田と小川に見る。

 この二人にこそ「カラフル!!」を読んでもらいたい。ちょっとでも心が洗われるよ。きっと。

 さて

 新潮45のヘイト特集、なぜか空軍OBの潮匡人氏なる人物も寄稿しているようだ。リテラによると、会員制雑誌「選択」で、この人物の子どもが起こした交通事故もみ消し疑惑が報じられていると。
 この問題、安倍案件がしでかしたからだろうか。芋づる式に闇が深い。

防衛大生の交通事故めぐり忖度疑惑!? 父親は安倍政権に近い右派軍事評論家、運転禁止の訓練中に死亡事故起こすも…
タグ:LGBTQ
nice!(10)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 10

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。